TEMPLATE

自己紹介文のテンプレート

自己紹介文にテンプレート?と思われるかもしれませんが、1から自分で書くより確実に良い自己紹介文になります。大切なことはその先に自分らしさを出すことです。

自己紹介文には何を書けば良いの?最低限書いておきたい内容とは

自己紹介文を初めて書く場合は何を書いたら良いのか迷ってしまいますよね?一度書いてしまえば今後は同じような内容を使い回せるので楽ですがどうしても最初に書く文は迷ってしまいます。今回は自己紹介文を書くのが初めて書く人が最低限盛り込んでおきたい項目をお教えします。

職業


まずは自分の職業について書いてみましょう。仕事は人生の中で最も時間を使う部分です。自分のお仕事の内容をイメージできるような書き方をすると良いでしょう。具体的には「営業職」と書くのではなく「不動産会社の営業職」と書くと自然とお客様に家の案内を姿が想像できますね。
それと、仕事への姿勢は真面目な姿勢で取り組んでいるように書きましょう。「ダルい」という気持ちあると思いますが、愚痴は結婚してから言いましょう。 
 

趣味や得意としていること


続いては趣味や得意なことについてです。ギャンブルなどマイナスイメージのものは避け、スポーツや料理など好印象なものをピックアップして書きましょう。趣味や得意なことがない人は下記の記事が参考になります。

 

自分の性格

性格については細かく書きすぎなくて良いです。「おっとりしていると言われる」「天然だと言われる」程度にボカしておいたほうが相手が都合よく解釈してくれます。
自分の性格についてイマイチわからない方はさりげなく友達に聞いてみると良いでしょう。自分の思いがけない一面が見えたりすることもあります。
 

休日の過ごし方


休日の過ごし方も趣味と同様にマイナスイメージのあるギャンブルなどは避けましょう。また、最低限インドア派なのかアウトドア派なのかがわかる内容にしておきましょう。
 

好きなタイプや相性の合うタイプ

自分の友達や今まで付き合ってきた異性を思い返して自分の好きなタイプや相性の合うタイプがどのようなタイプなのかを書きます。ここも具体的に書きすぎると相手のアプローチ数が減少しますのでボカして書くと良いでしょう。
 

まとめ


自己紹介文はあなたにピンときて訪れて最初に目にするメッセージです。この自己紹介文を読んでメッセージを送るかどうかを判断するためとても重要な箇所です。どんなに写真写りが良くても自己紹介文がイマイチだとメッセージは少なくなってしまいます。逆に写真がなくても暖かみや謙虚な姿勢に惹かれて「連絡してみようかな?」という人が多いのも事実です。
ほとんどのサイトは何度でも自己紹介文の編集ができますので足跡はつくのにメッセージが来ないな〜という人は自分の自己紹介文を直してみるのも手かもしれません。