結婚観

自己紹介文に結婚観を取り入れる

自己紹介文に自分の夢見る結婚生活の要望を入れたいけどどれくらいまで書けば良いのか知りたい!

自己紹介文に結婚観を入れるときの注意点

自己紹介文を書いていて自分が将来結婚した時にこんな生活を送りたい!など夢見る結婚生活に対しての要望を入れたいですよね?しかし、あまりにも要望が多いと敬遠されてしまうんじゃないか?今回は恋活サイトや婚活サイトの自己紹介文に将来結婚した時の要望を上手に取り入れるコツをご紹介します。

要望は多すぎると敬遠されるのか?


自己紹介文に自分の結婚後の生活の要望を入れ過ぎると敬遠されるのかですが、入れ過ぎると確実に敬遠されます。しかし、これも入れたからといって確実に敬遠されるわけではなく加減が大事です。
 

これだけは譲れない!ということだけは書いておく


「両親との同居は嫌だ!」「子供は三人以上!」「年に2回は旅行に行く」「結婚式は和服」などと細か過ぎることまで書くと「すごくわがままな人なのかな?」と相手が引いてしまいます。細かい部分は結婚後に話し合えば良いわけです。自己紹介文に書く内容はこれだけは絶対に譲れないという内容だけに留めておくと良いでしょう。
 

自分の性格

性格については細かく書きすぎなくて良いです。「おっとりしていると言われる」「天然だと言われる」程度にボカしておいたほうが相手が都合よく解釈してくれます。
自分の性格についてイマイチわからない方はさりげなく友達に聞いてみると良いでしょう。自分の思いがけない一面が見えたりすることもあります。
 

まとめ


結婚後の生活に夢見ることもたくさんあるとは思いますが、それも結婚できなければ夢で終わってしまいます。
自己紹介文は自分を知ってもらうための文章であって、自分の要望を書き綴るものではありません。今一度自分を見つめ直して自分のプロフィールに訪れてくれた異性に対して自分のことをたくさん知ってもらえるようにしましょう。